SakuraFinancialNews

2016/06/16




【政治家に訊く】森まさこ自民党参議院議員(3) 総選挙2014:「加点主義こそが、官僚を働かせる方法」

2014年11月20日 22:11 JST

=== 安倍首相は明日、21日に「衆議院解散・総選挙」に踏み切ると表明した。安倍内閣が目玉法案と位置づけていた女性活躍推進法案は、今国会では成立しない事態に陥った。SFN... 続きを読む

政治家に訊く:森まさこ自民党参議院議員(2)「女性の人材不足は会社の恥」

2014年11月13日 15:02 JST

=== 21カ国・地域が加盟するAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の域内で女性が活躍している好例を共有するため「APEC女性活躍推進企業50選」がまとまった。日本勢では... 続きを読む

政治家に訊く:森まさこ自民党参議院議員(1)「男性リーダーは、開拓者であるという自覚を持って女性登用すべし」

2014年11月06日 09:46 JST

=== 先月、小渕優子議員と松島みどり議員が揃って閣僚を辞任した。いずれも、「政治とカネ」が原因だ。安倍総理は「女性登用の旗は降ろさない」と明言したが、その後、他の閣... 続きを読む

政治家に訊く:羽生田俊自民党参議院議員(4)「疲弊する現場、安心して医療を受けられる社会を創るためにすべきこと」

2014年10月30日 21:53 JST

=== 前回インタビューでは、過疎と医師不足や主に、産婦人科医や小児科医が不足している背景などについて聞いた。現状では、県により事情が異なり、診療科目によっても不公平が生... 続きを読む

【お知らせ】政治家に訊くに自民党の森まさこ参議院議員が登場

2014年10月28日 08:35 JST

SFNの人気インタビュー連載「政治家に訊く」の第6回ゲストに、自由民主党の森まさこ参議院議員が登場することが決まった。 森議員の連載は11月6日(木)スタートで、計4... 続きを読む



【コラム 椎名毅】メディアの地方分権も大事な課題じゃないかな

2016年06月11日 02:41 JST

舛添さんの話って東京ローカルの話なんだよね。地方自治体の首長の話だから、神奈川県では黒岩さんだったり、川崎市だったら福田さんの話と同じレベルの話じゃない?一神奈川県川崎市民... 続きを読む

【コラム 細羽強】アクティビストと総会屋の違いとは何か?

2016年06月11日 02:26 JST

アクティビストと総会屋の違いって、自己の利益のみを追求しているかそうでないか。 経営陣に自己の利益のみを追求するような行為があるから逆に追求されてるだけ。 正し... 続きを読む

【コラム 細羽強】やはり若者の労働力の搾取の構図は変わらない

2016年06月10日 00:22 JST

昔は、若者に対して高金利で金銭を貸し付けることにより、労働力を搾取することができたが、2004年くらいから、グレーゾーン金利問題が問題視され、その後撤廃や総量規制で貸さなく... 続きを読む

【コラム 細羽強】バリューの定義とは? 経営陣が買いたがる会社=すなわちこれバリューなりと考えてみるのはどうだろう

2016年06月06日 23:35 JST

バリュー株は貸借対照表上においてバリュー。 では、バリューの定義とはなにか、なにが投資行動の動機に走らせるのか。 チャーチストはおいといて、真に会社の価値を知っ... 続きを読む

【コラム 椎名毅】改憲して衆議院の解散について実質的権限を定めるとともに解散できる場面を限定する定めをしないと政局中心の政治カルチャーは変わらない

2016年05月29日 11:19 JST

いろいろ空気感がコロコロ変わって、みんな振り回される感じがあるな。ただ、今国会はこれで落ち着くかもしれない。 地方議員も、参議院議員も、首長も任期が決まっていて、次の... 続きを読む


広告エリア

前参議院議員森裕子氏が志岐武彦氏を提訴した訴訟で被告代理人が小沢一郎生活の党代表らの証人尋問を要求
2014年02月26日 08:50 JST


写真は、森氏のホームページより。 

【2月26日、さくらフィナンシャルニュース=東京】前参議院議員の森裕子氏が、『最高裁の罠』(ケイアンドケイプレス、山崎行太郎氏との共著)の著者の志岐武彦氏に500万円の金銭支払い等を求めている裁判の第3回口頭弁論が、2月25日13時10分から東京地裁526号法廷で開かれ、被告側の代理人の山下幸夫弁護士が、小沢一郎生活の党代表と、同氏の主任弁護人を証人調べすることを求めた。いわいる「捏造された報告書」が、ロシアのサーバーを通じて歌手の八木啓代氏に届いた経緯を調べるのが目的としている。

原告側の代理人は、小倉秀夫弁護士(司法修習46期、東京平河法律事務所)、被告側の代理人の山下幸夫弁護士は、日弁連刑事法制委員会の事務局長なども兼務。事件番号は、平成25年(ワ)第25973号。なお次回の口頭弁論(第四回)は、4月18日10時に指定された。【了】


関連記事
タグ:


人気記事ランキング



ページトップへ